イベンター視点でイベントを考える。

でも、それだけじゃなくて、興味のあることを全部書こうと思う。

Overwatch World Cup 2017

先週Overwatchのワールドカップが開催されました。

 

youtu.be

 

 

イベントの雰囲気がわかるビデオが少なかったのですが、

ステージがかっこよすぎる。。

 

下記に観客席からの目線の写真がアップされているメディアのリンクをつけています。

xgames.espn.com

 

かっこよすぎる。羨ましい。

そして、すごいモニターの数だ。。

 

W杯・世界の人気eSportsの一つということもあり、

お金の掛け方が違うのもわかりますが、来場者が会場の雰囲気に飲み込まれているのもわかります。

また、カメラの動きを見ても、クレーンカメラなどを合わせた複数台のカメラが設置されており、画面の切り替えも多い。

ライブで見ている視聴者が全く飽きない演出です。

 

また、下記がグループ予選で勝ち上がってきた方々のプロモーションビデオです。

www.youtube.com

 

やはり、こういった夢のある映像には、憧れます。

プレイヤー自身の紹介だけでなく、今後プレイヤーになりたい人の夢を応援する効果もあると感じます。

 

こういったビデオはレッドブルでよく作られているイメージがあります。

 

若いプレイヤー・アーティストを精神面で支えていることを、このような映像で表現することで、さらにブランディングを強固なものにしていると感じます。