イベンター視点でイベントを考える。

でも、それだけじゃなくて、興味のあることを全部書こうと思う。

VR:MARS : National Geographic


10月末に実施していたイベントがとても面白く、その報告となります。
だいぶ前の話っすね。ちょっとね、ブログサボりました。。


最近、世の中3DVRで埋め尽くされてますね。やりました?PSVR

私は、乗り物酔い体質とちょっとビビりの性格もありVR空間というのが得意ではないのですが、コンテンツプランナーとしては、とても好きなジャンルです。

ただ、VRはプロモーションではとても難しいジャンルであることは確かです。

その問題点としては、

●1人プレイのため、周りはその模様を見ていることしかできない。

●1人プレイにすると、とても時間がかかる。

●カードボードやハコスコなどを用意すると、費用がかかる。

など、費用対効果がどこまであるのか?と疑問視されている方も多いのではないでしょうか。

今回の報告は、プロモーションでVR/3DVRを実施する際の一例です。

費用があるこそできるプロモーションという印象もありますが、VRでのプロモーションの刺激になる部分が多いのではないかと思います。また、イベント中心でやるのか、ウェブ中心でやるのか、という部分も考えさせるコンテンツ構成となっていました。


イベント:ナショジオ MARS



イベントは、ナショナルジオグラフィックのドラマであるMARS(火星移住・探索がテーマのドラマ)の ローンチPRイベントです。
20161028_17415820161028_172216



MARS特設サイト http://channel.nationalgeographic.com/mars/ %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-14-30-07

MARSイベントオフィシャル動画

www.youtube.com

MARSイベント ヒノクマ撮影動画

www.youtube.com

※手ぶれがひどくてすみません。
 



イベントは全体的に、3DVRが多発されていまして、 ・火星への着陸を想定したシュミレーターでの3DVR ・火星を歩く3DVR ・一般用のカードボードでのコンテンツ配信 となっていました。
 
カードボードは無料配布されてました。 私、カードボードは使ったことがなく、ハコスコ派だったのですが、結構しっかりしていて驚きました。
15515883_10154210704897517_1329490870_o
レンズが安っぽくなくて、ずっと持っていたくなると感じさせるカードボードだったのですが、ウェブサイトを見てみると、1つ14ドルするみたいですね。 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-14-39-42

ちょっと、プロモーションで無料配布するには高いかな、、という印象です。
 



コンテンツは素晴らしい仕上がりです。 最近、スマホゲームでも並外れたものが多いですが、それと同様のクオリティは保たれているのかなと思います。
 
二眼です。
 
ブラウザで動作します。

ので、ウェブを中心としたプロモーションでも、かなり活用できるのではないでしょうか。 VRはアプリ提供がまだまだ多いですが、ハイクオリティでのブラウザ起動で今後、提案の幅が広がりそうですね。

MARS 3DVRコンテンツ http://www.makemarshome.com/recruitment/dossier %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-14-43-43
 



ニューヨークは広い野外スペースが少ないので、 私が見ている限り、野外でのコンシューマー向けのイベントは多くありません。
 
このイベントを実施した場所も、ビルが建つ前の空き地です。 この周辺は、そこまで歩行者が多くありません。 以前この場所では、Mountain Dewのイベントも行われていました。
 
この3DVRがどこまで費用対効果を出せているのか、PRとどこまで関連付けられてプロモーションされているのかは不明ですが、火星という未知なる場所をユーザーが体験するという企画コンセプト自体は、ユーザーを一瞬にして別世界へ連れていける3DVRの性質とマッチしているのではないかと感じています。
 
ちなみに、イベントは、立ち上げ、撤収に各1週間〜2週間。本番3日という日程でした。リッチな限りです。
 
このイベントをニッチなイベント屋の視点でみると、日本では見たことがなかったので、ロケバス(きっと休憩スペース)が一番印象的でした。 %e3%83%ad%e3%82%b1%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b9 こうゆう違いが一番楽しかったりするんですよね。

では、また。

モニター連動動画

枠があるモニターでも、連動してたり、映像の作りによって、なんの違和感もないですね。

www.youtube.com

Emmy Awards Party(BizBash引用)


先日エミーショーの記事を書きましたが、こう言ったアワードにはパーティーがつきものですね。各テレビ局やスポンサーがパーティーを開きます。

そして、規模は日本の数十倍。数百倍かも。


BizBashにその一部の大規模パーティーの会場風景が載っていましたので、ご覧下さい。

圧倒されるのと、本当に参考になりますね。空間デザイナーとプロデューサーがきちんとディレクションしているんでしょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-16-35-04

http://www.bizbash.com/television-academys-governors-ball-creative-arts-balls-television-academys-governors/gallery/190828

Emmy Awards


エミー賞は、2016年9月18日(日)にロサンゼルスにて行われました。 日本でも、アカデミー賞トニー賞ゴールデングローブ賞と並んでエミー賞は有名ですよね。 エミー賞はアメリカのテレビドラマに送られるアワードです。 今年は、「Game of Thrones」がBest of Drama Seriesという大賞でした。


%e5%9b%b33



他の3つのアワードと同じく表彰式を華やかにやり、ステージもいつもきらびやかなので、私も見るようにしています。 賞の内容やノミニーのファッションチェックについては、エンタメメディアが山のように取り上げますので、私達はやっぱりイベントの部分だけ見ていきましょうか。


まず、開始前


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-16-42-12

で、オープニング


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-16-43-03

これは、ステージの俯瞰図ですね。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-16-48-15

アクトレスの発表時


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-16-50-18

アクター発表時


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-16-51-08

幕間


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-16-52-37

と、場面によってステージが変化してるのがわかりますよね。映像だからこそできること。 わかりやすく、ステージのLEDをまとめてみました。



%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-001

ここまで、映像出力のスクリーンやLEDを使えることは、日本ではあまりないと思うのですが、 映像によって場面ごとの雰囲気がかなり変わるので、長時間のイベントで、参加者・視聴者のマンネリ化を防げますし、ステージに深みが出ると思います。私は、映像機器で表現を変えるのが好きなので、このステージは本当に羨ましいです。

それから、昔、アカデミー賞見ていたときにも同じ手法が使われていて、すごく感動したのですが、下記の写真のように舞台上に吊られているLEDの高さを本番中に変える手法がよく使われていると感じます。場面ごとに舞台装置を変えているので、イメージを一変させることができます。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-16-05-52 

と、他に、すごく小さなところなのですが、下記の丸い玉に感動しました。映像の最初の18秒くらいのところです。フライングカメラ用に、この丸達が吊られているんですよね。こういったちょっとしたところに気を使えたり、アイデアが出るのが、素晴らしいなと。忘れがちな部分にきちんと装飾がされていることに、心打たれました。2-001



Source: ●Jimmy Kimmel’s Emmys 2016 Monologue https://www.youtube.com/watch?v=v2ZxwsB_2_M

Matt Damon Confronts Jimmy Kimmel After Emmys Loss https://www.youtube.com/watch?v=bOJndrIrMQY

●Jimmy Kimmel’s Mom Makes PB&J for Emmys Audience https://www.youtube.com/watch?v=sla0lcVWH6Y

●Tatiana Maslany wins Lead Actress, Emmy Awards 2016 (HD) https://www.youtube.com/watch?v=gTKnNN1damA

●Here are all the 2016 Emmy-winning actors and their acceptance speeches https://www.youtube.com/watch?v=GMxC1SVkRgM

●Behind the Scenes at the Emmys – Stranger Things Kids Perform Uptown Funk https://www.youtube.com/watch?v=dj6icFSWB4k

1ドルの賃貸契約(この1-2週間で話題のプロモーション)

一部で話題のプロモーションをご紹介します。

それが、これです。

わかります??

これこれ↓

エストビレッジのこの見た感じステキなおうちにたったの月々1ドルで住めるんです。

これは、SpareRoomというシェアルームを探す🔎、またはルームメイトを探すイギリスのウェブサービスが発信しているものです。 FounderであるRupert Huntが拠点をロンドンからニューヨークに移したそうでして、それを機に、このプロモーションを開始したようです。

この企画は、Rupet自身は上手くここまでこれたけど、皆が皆、成功するわけではない。けれど、もし6ヶ月に匹敵する家賃の支払いがなくなったら、その時間やお金で何をするか、それをサポートするという夢応援企画のようです。

彼がRupert Huntです。

youtu.be

彼はロンドンでも同じようなことをやっているみたいですね。

youtu.be

こんな家に住めることも、ウェブサービスの経営者と住めることも、大きな糧になりそうで、一緒に住める人は羨ましいなあ。

ライブカメラについて(ミシェル・オバマ演説 / BuzzFeedNEWS引用)

大きくないイベントでも4カメ程度あると、映像を見ている側のマンネリ化も少ないですよね。多方向からの映像の方が、イベントの醍醐味である『ライブ感(実際の雰囲気)』が伝わりやすいと感じます。

SNSで動画が出回ることやライブストリーミングが当然と考える時代なので、視聴者のことを考えたイベント設計が必要なんだと感じます。 入力した側の映像機材の金額については考えずに発言しますが、撮影機器もやり方によっては安い機材やスマホもありますから、イベントにどんどん採用したいですね。 ちなみに、余談ですが、演説関連のイベントを見たりアメリカでイベントに行ってみて思ったのですが、ステージの映像ディスプレイ(スクリーンやLEDモニターなど)が少なかったり、日本ほど当日会場にいるお客さんのことは考えていないのかなと感じるくらいカメラ絵の映像ディスプレイへの放映が少なかったりすることも多々感じます。


SOURCE

BuzzFeedNEWS 

「女性への性的暴行を自慢している」ミシェル夫人、トランプ氏を非難 https://www.buzzfeed.com/mamikonakano/michelle-obama-slams-trump-jp?utm_term=.db2lRZZnlP#.utDAkwwGAp

Sharingbox


先日、The New York Coffee festivalに行ってきました。

The Coffee Festival

https://www.newyorkcoffeefestival.com
すべての写真がボケていますね。

入場料$20で、誰でも入れる展示会でした。 中では、試飲用のコーヒーが配布されており、好きなだけ飲めるというシステムでした。 コーヒー好きには、たまらない展示会ですね。
私としては、レモン味のコーヒーとコーヒーリキュールのカクテルが美味しいという印象でした。その他も色々ありましたね。結構コーヒーの飲み比べができたり、ステージでアーティストが歌っていたりと、楽しかったので、来年も行ってみようかな、と思っています。

そして、そのfesにこんなものがありました。

Sharingboxという、セルフィーブースです。

Sharingbox

http://web.sharingbox.com


トレードショーやプロモーションイベントでも使われいてたり、店舗でオリジナルのブースを作って写真が撮れるというサービスを行っているようです。

オリジナルでブースも作れるようですので、様々な会社がOEMしてます。



可愛いですね。

プロダクト説明の一番わかりやすいビデオを見つけたので、共有しますね。

youtu.be

写真とって、sns送って、写真ももらえるマシーンです。

イベントでも店舗でも使いやすそうだなあ、という印象です。

日本にも、イベント用の簡易プリクラマシーンがありますよね。 それよりはもう少しコンパクトに感じました。

ブースのデザインもプリクラブースよりかは、ぼてっとしていないので、 他の装飾の邪魔にもならなそうです。

オフィスのエントランスに置いても良いのではないでしょうか。

最後に、私が、このウェブサイトを見て一番かっこええなあ、と思ったところは会社がBrooklynにあるってことでしょうか。もちろん、他にもかっこいいとこあるんですけどね。

Brooklyn オフィスか。あこがれ🗽

というわけで、このオフィスに、来週遊びに行くことになりました。

憧れが、また大きくなっちゃうだろうなあ。

NY サンプリング事情 2


この間、Yelpのサンプリングが行われていて、ちょっと変わっていたので、ブログを書きますね。

Yelpは日本にもありますが、日本ではあまり人気のないタウンページ型📔アプリです。

(若い人はもうタウンページの存在も知らないのかなあ。まだ、サービスはあるようですが、、、)

日本ではレストラン探しだと、みんな食べログを使うから、日本でYelpを使ってる人は見たことないかなあ。。

Yelpは、レストランだけじゃなくて、何でも探せてランキングで出るので、今いるNYでは必須アプリで、便利です。

で、そのYelpのデリバリーサービスのYelp EAT24がサンプリングをしてました。



Yelp EAT24

https://eat24.com



それがこれだあ❗

なんだ、このバルーン🎈は⁉

このサンプリングはですね、お姉さん二人でやました。それも、そんなに人通りがないところで。

かなり体力がいりそう。

近くにバルーンしまえるトラックもなかったし、男性スタッフもいないし、トイレいくとき大変そう。とか、こんな感想しかでないけど、正直あのバルーンなら背負ってみたいとは、何度か思った。軽い人だと浮いちゃうのかな~とも何度か思った。

日本だと、危険ということで、却下されそうだな。

で、何配ってたかというと、

この手型『High Fiveうちわ』でした。

うちわの効果はまったくありませんでしたが、なんか、友達と楽しく遊べたのでOkでしょう❗

ちなみに、このうちわにはディスカウントコードが付いていて注文すると値引きしてくれるってやつでした。

UberEATS の対抗策でしょうかね。きっとそうなんでしょうねえ。

それより、サンプリングで気になったのは、こっちって道路許可証必要なのかな?

とりあえず、謎のままにしておきましょうか。いつかこっちのイベンターに聞いてみますね。

NY サンプリング事情 1


たまーにサンプリングしてるんですよね。

セントラルパークの入り口のコロンブスサークルという場所でやってました。

これは少し前ですが、エビアンがU.S.OPENのスポンサーだったようで、やってました。

ただ配ってるって感じでした。

日本みたいに女性スタッフの見た目採用はないみたい。

そして、こんなど真ん中でサンプリング用のミネラルウォーターを飲んでますね。

あと、ディレクターもいないんだろうな~って感じで、やっぱりこの緩さはアメリカですね。

いいね~日本は厳しいもんね~何て言ったら、怒られるか。ごめんなさい。。

私的には、あのピンクの帽子が好きっす。

ちなみに、サンプリングは英語で

A free sample campaign

らしいです。

米大統領選 Part 3 : 共和党大会



どもー。ひのくまでーす。 オースティンに行った時にね、実はEvernoteのオフィスにお邪魔させてもらったんですー ビルがイケてた〜新しかった〜UNIVERSITY PARK。キャンパスチックでいい感じ。
20160812_13265320160812_141310
Googleとか、WeWorkが入ってて、おしゃれな感じでした。 オフィスの中はこのポスターとかランチしか撮影しちゃダメだったから、それ載せますね。

ポスター。ジャン! 20160812_141024

ポスターもEVERNOTEデザイン!20160812_141043

ランチ。ジャンッ! 20160812_133459

やっぱりあったー!伊藤園!!雑誌で読んだ通り!www ジャスミン茶とおーいお茶がありました。NYで買うと、1本2-3ドルくらいするんだよ。高いよね。あまり飲まないから、ちゃんと頂いて来ました。

あと、写真はないんですが、オフィス4階、駐車場4階。オフィスのドア出たら駐車場。なんか、ショッピングモール行って、買い物を終えた階が、止めてた駐車場と同じフロアでラッキー♪みたいな気分を味あわせて頂きました。本当車社会だな、アメリカ。。。

とにかく、ありがとう!Evernote!!

で、今回なのですが、前回に引き続き米大統領選挙を取り上げます!今回は、共和党です!!


Republican National Convention 2016



こちらもDemocratic同様企業のプライベートカンファレンスのようにドでかく大会をやってますね。
tricaster-sceeen-capture-4684_1469140124279_1719497_ver1-0
Source :FOX 5 “DISCUSSION: The 2016 Republican National Convention” http://www.fox5atlanta.com/breaking-news/178247658-story



こっちもLEDドーンで、施工が立ってますね。これ分かりにくいけど、ステージ上がテカテカ素材が使われてて、すごく高級感があるんですよね。 動画も見てみましょうか。 多分、この映像が全体を一番見やすいかな。


www.youtube.com SOURCE : Republican National Convention"Balloon drop"



それから、なんかこんな映像も見つけました。


www.youtube.com

SOURCE : Republican National Convention “360 LIVE on Stage With Donald J. Trump | 2016 Republican National Convention”


こうゆうのの360°ムービーって一種のアトラクション的存在ですかね?こうゆうのって、ハコスコ/カードボードで見る感じを想定してないと思うんですけど、どうゆう目的があるのかな。やっぱりアトラクションだよね? コンサートとかも最近多いですよね360°影像。そういった影像も一瞬面白い!って感じるんだけど、すぐウィンドウをズクローズする感じが多い気がしますね、私の場合は。だから、ちょっと映像の視点が変わらないものは見せるのは、のちょっときついかなと思いますがどうでしょう。自己満かな??


次に、ステージの映像機材が示す画面効果について見ましょうか。 今回は、LEDが使われてるので、そこに注目しましょうか。 まず、この写真を見てもらってと。
f:id:cupcakewillhelp:20170912143239p:plain
全部、同じ共和党大会の写真なんですが、背景が違うと雰囲気がかなり変わりますよね。LEDを背景に引いてるから画面デザインを変えられて当たり前なんですが、その人のイメージによって雰囲気を変えられるので、イメージを演出するのに効果的かなと。また、長時間の講演だったりするとマンネリも起こりますし、イベント以外のネットやテレビで見てる人にも視覚を刺激して飽きさせない効果もあるんじゃないでしょうか。



次にステージ全体を見ましょうか。
f:id:cupcakewillhelp:20170912143328p:plain
映像と照明でこんなにも変わるんですよね。素敵ですよね。特に照明とかは、実際のイベントだと、すぐ予算が削られるとこなんですよね。でも、イベント自体が世間にどう認知されるのかを考えると、やっぱりある程度機材は充実させた方がいいし、ちゃんと見え方も考えた方がいいかなと思います。

イベント自体・企業・ブランドをPRする時、次回イベントの案内をウェブでする時、レポートをウェブに乗っける時、企業に対しての世間のアテンションを引く時、参加者がこのイベントを広める時、このイベントの写真・映像がどう出るのか、どう出させたいののか、そこを考えるのが認知拡大のためのイベントPRの最低条件じゃないのかなと思うんです。

もちろん機材充実させたらそれなりに楽しいですが、お金もかかりますよね。だから、全部にそれが通じるわけじゃない。でも、中にはすごくお金かけるイベントもあるけど、PRが上手く回らない。お金かけたらその分ちゃんとPRをどう展開するか考えなきゃいけないし、お金ない場合もどうウェブを通してPRしていくのかは、真剣に考えた方がいいと思うんですよ。SNSやメディアでのPRはお金かけない方法もいっぱいあるので、そうすべきかなと。そして、そこには、コンセプトや他コンテンツのプランニングも必須ですよ、もちろん。

この米大統領選シリーズでお伝えしたように、マーケティングSNSや映像でのPRっていうのは近年必須になってますよね。私のイメージですが、企業のプライベートカンファレンスなどのイベントは、まだまだそのPRがうまくいかず、イベントだけで終了になってしまっている場合が多いんじゃないかなと。それが勿体無い。 もちろん予算にも限りがありますし、イベント後のアンケートでかなりセグメントされた人へアタックしていくっていうのが、イベントの今までのマーケティングでそちらを重要視しているのも理解してます。 が、この大統領選挙をみると、潜在顧客を作る方法や認知拡大にはすごく長けているのが見て分かりますよね。だから、もっともっと世間に認知される方法はあるんじゃないかと再認識させられますね。


話は戻りますが、共和党大会にもyoutubeチャンネルがありました。が、民主党ほど映像作りに凝りは入ってないみたいです。 スクリーンショット 2016-09-14 15.41.33.png

ホームページもそこまで凝ってませんね。 スクリーンショット 2016-09-14 14.39.05.png

というわけで、今回はイベントとSNSでのPR方法を大統領選挙を通して見てみました。結構プライベートカンファレンスには参考になることが多かったんじゃないでしょうか。日本では、エンタメ以外では、あまりSNSや当日レポートを行うチームが上手くワークしてないことも多いですよね。費用の問題だったり、マーケの担当者が全部やらなければならないという状況もよく見ますし。でも、費用が掛からないウェブという媒体を通して、もっとイベントのPRを加速化させるべきじゃないかと。

だって、イベントって高いし、それがイベントだけで終わってしまうのってもったいないですよね。正直。イベント以外にも潜在顧客はいるわけですし、イベントっていう客が来ないと成立しないというアナログな方法にデジタル面でのマーケティングをいかに組み合わせれるかが、これからのイベントマーケの道なんじゃないでしょうか。